引っ越しの荷物、気をつけたい割れ物の包み方

引っ越しの時に、運搬時の衝撃で荷物が破損してしまうことは残念ながらあり得る事です。
特に食器類などの割れ物は、いい加減に梱包してしまうとかなりの確率で割れてしまいます。

 

通常使いの食器など、割れてしまっても替えがきくもの良いですが来客用の高級なカップや記念の器などは割れてしまっては辛いものです。では、どのような包み方をすれば割れ物の破損を防げるのでしょうか?

 

やはり大事なのは緩衝材を使用する事です。代表的な緩衝材といえば通称プチプチと呼ばれる気泡緩衝材でしょう。

 

理想としては全ての割れ物をプチプチなどで包むのが望ましいですが、常に家にまとまった量がある訳ではないので、購入しなければならないのが難点です。
その点、新聞紙ならたいていの家庭にまとまった量があり十分に緩衝材となります。

 

包み方は、適度な大きさに切った新聞紙を広げ真ん中に皿など包むものを置きます。

 

そして端から中央へ包んでいく。余った端はクシャクシャにしてコップや茶碗などは中に入れ込みます。
グラスなど長さがあるものは、クルクルと巻いて余った端は同様に中に入れ込みます。
新聞を二重三重にするとより強度が増して安心です。

 

そして、いくら厳重に包んでも箱への詰め方が間違っていれば割れてしまうこともあります。
割れ物を入れる箱は大きすぎない物を選び、隙間を無くして詰めるようにしましょう。
最終的に出来てしまう隙間には丸めた新聞紙をや、同じ引っ越し荷物のタオル等を詰めるのも良いでしょう。
大きい物が下にくるように詰めるのも破損を防ぎます。

 

以上のコツを掴み、引っ越し時の割れ物の梱包を行うことで破損を防ぐことが出来ます。

 

引越し荷造りのダンボール 割れ物用に気をつけたい事

引越しの荷造りの前に先ず用意するのがダンボールです。引越し時に必要なダンボールの数の相場は一人だと10個、2〜3人だと30個、4人以上だと50個必要だという数字がある統計では出ています。しかし、部屋数や居住年数、生活形態にもよるのであくまでも参考値ではあります。

 

引越し業者の多くはダンボールは無料、または最大50〜70個まで無料のサービスを提供しています。

 

宅配業者の引越し会社では有料のところが多いようですが、食器を入れる仕切りがあったり、精密機器専用やお酒などの瓶専用など用途に応じたクオリティの高いダンボールになっています。

 

特に割れ物の荷造りに手を焼く人も多いので、食器用の仕切りがあるのはとても便利です。

 

アート引越しセンターの「エコ楽ボックス」の食器用の仕切りは人気があります。繰り返し使えるアート独自の引っ越し資材で無料で借りることが出来ます。しかし、使い回すと言う点で勿論清掃や消毒はしてあるものの衛生面を気にする声もあります。また、引越しの当日返却と言う時間に制限があるのも少し不便な点です。

 

自分で割れ物用にダンボールを用意する場合は、あまり大きすぎないダンボールがおすすめです。
割れ物は隙間なく詰めた方が良いためダンボールが大きすぎると余裕が出てしまいます。

 

もし、隙間が多い場合は、タオルや小さ目の衣類などで隙間を埋めると良いでしょう。

 

ダンボールの底には、ふわっとさせた新聞紙を何枚か敷き、その上にあればプチプチなどの緩衝材、なければタオルなどを重ねて敷いておくと底面からの衝撃を防いでくれます。そして、詰め終わったダンボールには必ず「割れ物」と書いておくようにするのを忘れないようにしましょう。

 

引越しの荷造り 割れ物の梱包について

引越しの時に、新居で荷物を解いてみると食器などが割れていた経験はありませんか?
荷物の梱包は大変ですが、中でも割れ物の梱包は一番気を使うし手間もかかるものです。
ただでさえ忙しい引越しの荷解きに、割れた食器の片づけもしなければいけないのも面倒だし憂鬱になってしまいます。

 

引越し時の割れ物の梱包には、新聞紙を緩衝材として使うのが一般的になっています。
一つずつ新聞紙で包み、深さのあるものは端を中に入れるようにします。しかし、一枚ずつ包むのを面倒に感じるなら、サランラップを使うと言う手もあります。お皿などを数枚重ねてサランラップをグルグルと巻きつけ固定します。それをタオルなどで包むと一枚ずつ包む手間が省け、かさばる事もありません。

 

有料ではありますが、市販の緩衝材を使うと更に運搬時の衝撃を吸収出来て安心出来ます。
一番使い勝手が良いのが、気泡緩衝材でしょう。プチプチの名で知られていますが、それはメーカーの商品名で、エアーキャップなど他にも色々な商品名が付いています。

 

この気泡緩衝材は、柔らかくどのような形状の物でも包みやすいのが特徴です。また、クッション性にも優れているので、割れ物を詰めるダンボールの底や内側側面に貼り付けておくと、更に衝撃を緩和することが出来ます。

 

時間があれば、ダンボールにあらかじめ仕切りを作っておくというのも、開封時に内容が一目瞭然で整理に便利です。

 

引越し時の割れ物の梱包については色々な方法があるので、自分の引越しプランに一番合う梱包方法を見つけるのがベストでしょう。

 

引っ越しの荷物、気をつけたい割れ物の包み方

引っ越しの荷物、気をつけたい割れ物の包み方

いま最も選ばれている一括見積もりサービスが【引越し価格ガイド】

 

当サイト管理人も友人知人にまずはここをオススメしています。

 

主要な引越し業者と提携していて漏れがないですし、条件ごとの料金相場もわかるので出てきた見積もりが安いのか高いのかも一目瞭然!

 

ちゃんと納得しながら安い業者を探せる便利なサービスです。

 

引っ越し,荷物,割れ物,包み方

引っ越しの荷物、気をつけたい割れ物の包み方

もしあなたの引越しが荷物が少なかったり単身引越しなら、この【LIFULL引越し見積もり】を選ぶべき。

 

なぜなら、小規模引越しに強い業者「赤帽」も含めて見積もりを取れるのは【LIFULL引越し見積もり】だけなんです!

 

他の一括見積もりサービスでは取り扱いがないですから要チェックですよ。

 

引っ越し,荷物,割れ物,包み方

引っ越しの荷物、気をつけたい割れ物の包み方

最近急激に存在感を強めているのが、【ズバット引越し比較】

 

ここの強みは、条件を入力したときにあなたに最適な業者・プランを提示してくれるシステムの優秀さ。

 

なぜならここの運営会社は、引越しだけでなく車買取や保険、通信制高校などあらゆる一括見積もりサービスを取り扱っているので、システムの精度に関するノウハウが随一なんです。

 

引っ越し,荷物,割れ物,包み方